2017年7月 9日 (日)

スペインギターフェスタ2017&夏の祭典ご報告

2017

大変遅ればせながら、、2日間のスペインギターフェスタ&夏の祭典が無事終了しました・・・皆様ありがとうございました!!
前2日のリハーサルを含めて計4日間、個人的には普段の練習時間が少ないことと、前週の発表会前辺りから寝不足続きで体力的にはキツかったのですが、とても楽しくそして色々勉強にもなりました。

今回はソロがスペイン名曲選、アンサンブルはサルスエラ中心でしたが、本当に多くのお客様に聴いて頂くことができて嬉しい限りでした。

2017_2

夏の祭典の方も、岩崎氏と池田氏のマスタークラスを別部屋で同時進行というのは初めての試みでしたが、すぐに受講生が集まりました。当日はレッスン曲によって聴講生たちが部屋を移動したり、東氏と富川氏のワークショップもあり、何だかスペインの講習会を思い出しました。
私は今回余裕がなくてワークショップをパスしてスタッフでしたが、発表会では参加者にコメントを書く講師として参加。これも初めての試みでしたが、好評で良かったです。

岩崎氏と池田氏のレッスンは私にも本当に勉強になりました。ワークショップは事務仕事でバタバタしていてあまり聞けなかったのが残念でした・・・。

Photo池田氏によると「世紀末スペイン留学組」の5人ですが(笑)、これからも(ソロはもちろん)五重奏を中心に色々な組み合わせのアンサンブルに挑戦していきます!
五重奏アレンジは今まで他のメンバーに頼っていましたが、次回は私も貢献するつもりです。

今回はプログラム決定&告知が遅かったのが反省点で、来年に向けて早めに準備したいと思いますので、皆様またよろしくお願いいたします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

7月1日(土)山野楽器プログラム詳細

14時~ ソロの部プログラム(予定)
<第1部>

牛を見はれ、皇帝の歌(ナルバエス)・・・富川/ビウエラ

魔笛の主題による変奏曲(ソル)・・・池田/19世紀ギター

アラビア風奇想曲(タレガ)・・・岩崎/モダンギター

アルハンブラ宮殿の思い出(タレガ)・・・坪川

アデリータ、ラグリマ(タレガ)
タレガ賛歌(トゥリーナ)・・・東

<第2部>
愛のロマンス(ルビーラ)
マジョルカ(アルベニス)・・・岩崎

アストゥリアス(アルベニス)・・・東

スペイン舞曲第5番(グラナドス~リョベート)
ハバネラ(E.S.デ・ラ・マーサ)・・・富川

アメリアの遺言(カタルーニャ民謡~リョベート)
クラベリートス(バルベルデ~リョベート)・・・池田

スペイン・セレナーデ(マラッツ~タレガ)
「5つのエボカシオン」より  ギターは夢を泣かせる(アブリル)・・・坪川

深い愛(J.L.ゴンサレス)・・・岩崎

続きを読む "7月1日(土)山野楽器プログラム詳細"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

スペインギターフェスタ2017 in 山野楽器&夏の祭典!

年始の誓いも空しく、2か月半以上更新をサボってしまいました・・・。
春に次女が入園したのですが、予想以上に忙しい毎日を送っています。

見かねた元生徒が新しくHPを作ってくれることになりました。乞うご期待です!

さて、もう1週間前になってしまいましたが、今年もスペインギターフェスタを山野楽器で開催します。今回は初めて、同じ7月1日(土)に14時~ソロコンサートと17時~アンサンブルコンサートのダブルヘッダー。

後日改めて、プログラム詳細をお知らせしますが、ソロコンサートはスペイン名曲集。アンサンブルはサルスエラ曲集です。
それぞれ前売り券が3000円、通し券は5000円となっています(学生は各2000円です)。
チケットは特に通し券が売れていて追加印刷となりました!ご予約は山野楽器に直接か、演奏者までご連絡下さい。

翌7月2日(日)は春に続き、「夏の祭典」と題し、今度は岩崎氏と池田氏のマスタークラス&ワンポイントレッスンを同時進行で行います。
発表会を含め、既に受講生は定員に達したので募集は締め切りましたが、聴講生は引き続き募集中ですので、こちらもご興味をお持ちの方は是非ご連絡下さい。
ワークショップも行います。詳細はまた改めてアップしますので、少々お待ち下さい。

そして、明日はブラーボ教室&坪川教室合同発表会です。
目黒のCafe y Librosにて、13時開始&入場無料ですので、お近くの方、ご興味をお持ちの方は是非お立ち寄り下さい♪

Spainfesta2017ginza

Spainfesta2017verano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

スペインフェスタ春の祭典

Primavera本当に直前ですが・・・4月1日(土)大倉山記念館、2日(日)渋谷リフレッシュ氷川にて「スペインフェスタ春の祭典」として、岩崎慎一氏のマスタークラスを中心に、東隆幸氏と富川勝智、私も参加するミニコンサートやワークショップを行います!

ミニコンサートの内容は以下の通りです。
4月1日(土)開場18時30分、19時開演
全席自由2000円
会場:大倉山記念館 第10集会室

プログラム
<岩崎慎一ソロ>
ドビュッシー賛歌(ファリャ)、ラグリマ、前奏曲第5番(タレガ)、マドローニョス(トローバ)、朱色の塔(アルベニス)
<東隆幸&坪川真理子>
セレナータモリスカ(チャピ)、スペイン舞曲第1番(ファリャ)
<岩崎慎一&富川勝智> ランクラージュマン(ソル)
<カルテット> (岩崎・東・坪川・富川)
「版画」(トローバ)より4曲

ご都合よろしければ、是非いらして下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ユベントス卒業。

Valentin20171日遅れのバレンタインギターコンサート、無事に終了しました!

ほぼ満席のお客様を前にヤマハホールで弾けるのは最高の贅沢です。
お忙しい中ご来場頂いた方々、大変ありがとうございました!!

 

Valentine_2017_trio

写真は本番の物とリハーサルの物が混ざっています。トリオはリハーサルです。
クアトロ・パロスの前田司氏、そして藤澤和志氏との「Dear Friends」(佐藤弘和)&「エル・ビート」(スペイン民謡)。
衣装で写真を撮らなかったことが、未だに心残りです・・・。

Valentine2017_solo_3
ソロは舞台裏の小窓からスタッフが撮ってくれた写真。今回は「愛」がテーマだったので、「愛のワルツ」(ノイマン)を演奏しました。


Valentine_2017_todos全員合奏、1枚目はリハーサルの様子。「泥棒かささぎ序曲」(ロッシーニ/藤井眞吾編)は動画がアップされています。https://www.youtube.com/watch?v=gFgL1f2d6-4&feature=youtu.be

過去最多の16人でしたが、直前のリハーサル2日間で集中的に練習してかなりまとまり、とても楽しかったです。
アンコールの光の街では、また客席からも手拍子が聴こえました(^^)

Valentine_2017_final全員合奏2枚目は、本番でまた小窓からの写真。全員写っていないのが残念ですが、「赤のワンポイントを入れること」がルールになっていました。お客様方も誰がどこにワンポイントを入れているか、探して楽しまれたようです。靴下や靴が赤の人もいました!

さて、立ち上げから関わって、ヤマハホールに移る前からのコンサートに参加してきたユベントスですが、今回で代表の富川氏と私は卒業します。新代表は坂場圭介氏。今回はちょうど引き継ぎで、新メンバー7名と共演できて良かったです。

来年のコンサートは2月28日(水)@ヤマハホールに決定しています。私はOGとして裏方に回りますが、新生ユベントスに変わらぬご声援をお願いいたします。

共演者の皆様、スタッフの方々、お疲れ様でした&ありがとうございました‼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

1日遅れのバレンタインギターコンサート

Valentine_concert_2017すっかりこちらに載せたつもりになっていました・・・!
もう明日ですが、日本ギター連盟ユベントスによる、1日遅れのバレンタインギターコンサートに出演します。

今年は初参加の若手ギタリストが何と7名も!
ユベントスでしか聴けない、珍しい組み合わせばかりです。
皆さま是非!

2017年2月15日(水)
銀座ヤマハホール...
19時開演(18時半開場)

前売3500円(学生2000円)
当日4000円(学生2500円)


Valentine_2017ura★プログラム★

<前半>
○二重奏○
多治川、林  「アトムハーツクラブデュオより1,2,4楽章」(吉松隆)
○三重奏○
前田、坪川、藤澤 「Dear friends」 (佐藤弘和) 、「エル・ビート」(スペイン民謡/ 大塚房喜編)
○二重奏○
酒井、坂場 「ニューシネマパラダイス」(E.モリコーネ/鈴木大介編)
○四重奏○
富川、吉住、斉藤、松本 「アルフォンシーナと海」(A.ラミレス/R.ディアンス編)
濱田、大島、酒井、山﨑「恋人と呼ばせて」(L.フリードマン/R.ディアンス編)「ブラジルより ⒌O  Spirito do Joao 、⒍Xaxare」(R.ディアンス)

<後半>
○ソロ○
富川 「深い愛」(J.L.ゴンサレス)
坪川 「愛のワルツ」(U.ノイマン)
○三重奏○
萩野谷、荒木、坂場 「恋とはどんなものかしら」(W.A.モーツァルト/角圭司編)「 カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 」(P.マスカーニ)
○六重奏○
松本、大島、藤澤、山﨑、萩野谷、前田「モッキングバード(パッサカリア)」 (藤井眞吾)
林、吉住、斉藤、多治川、荒木、濱田「交響曲第40番 ト短調 K.550 より第一楽章」  (W.A.モーツァルト/濱田 圭編)
○全員合奏○
「泥棒かささぎ」序曲(G.ロッシーニ/藤井眞吾編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

千葉ソロ定演&発表会&スペイン音楽国際コンクールご報告

Photo年明け前に、駆け込み更新・・・。

23日(金・祝)は千葉ソロ定演(クリスマスコンサート)ゲスト演奏をして参りました!
今回は読売新聞に告知が載せられたそうで、その成果なのか、200名以上のお客様がいらしたそうです。ご来場頂いた方々、ありがとうございました。
そして、出演者の皆様、お疲れ様でした♪

時間が押していたので、用意してあったアンコールが弾けなかったのが残念。

 

Photo_2佐藤弘和作品展の後、弘和さん編の「きよしこの夜」を弾こう!と決めたのですが、弘和さんが前日に他界され、このアンコールを捧げたかったのでした。

お客様をロビーでお見送りするのが恒例だそうですが、その時間もなく、大急ぎで集合写真。
忙しかったですが楽しかったです。

 

201625日(日)には恒例のブラーボ教室&坪川教室の合同発表会@目黒のカフェ・イ・リブロスでした。

今回はもともと参加者が少なかった上に、急な怪我や体調不良で当日キャンセルが3名いて少し寂しかったのですが、時間が余ったため初めて「リベンジタイム」を設けました。
レオ先生の発案で、緊張してうまくいかなかったのでもう一度弾きたい!という人のための再チャレンジコーナーです。2名の方が挑戦されました。またリラックスモードの発表会など、色々考えていきたいと思っています。

順番が逆になりますが、11日には第1回スペイン音楽国際コンクールの審査員も務めました。
ギター部門の最優秀賞は浅田侑子さん。スペイン大使賞(第2位)は本当に僅差で、秋田勇魚くんでした。
そして全体での特別賞として、スペインへの往復航空券が浅田さんに贈られました。

ギターの審査員としては、浅田さんにはこれを活用して是非スペインで講習会を受けてきて欲しいと思っています。.
ギター部門、他にも良い演奏がたくさん聴けました。

声楽とピアノの部門も聴きましたが、珍しいスペイン物をたくさん聴けて嬉しかったです。
入賞者の方々、おめでとうございました!!

さて、12月のイベントを無理矢理まとめてしまいましたが、来年こそはもっとマメに更新したいと思います・・・。


今年も皆様にお世話になりました。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

11/12岩崎氏マスタークラス@大倉山のご報告

Photo_4

本当に今頃ですが・・・
ブログをサボり過ぎたので、年末に駆け込みで順にご報告したいと思います。

佐藤弘和作品展と順序が逆になってしまいましたが、11月には関西から岩崎慎一氏をお招きし、大倉山記念館にてマスタークラスとミニコンサートを開催しました。

岩崎氏のレッスンは本当に丁寧で分かりやすく、受講生の演奏が明らかに変わっていくのが聴いていて面白かったです。私の長年のレパートリーも数曲ありましたが、とても勉強になりました。

チラシの通り5人の受講生が集まり、受講曲が長いため前回の続きを受けた参加者もいたのでした。

Photo_5ミニコンサートでは岩崎氏がソロ4曲(スペイン物とラテン物)で、何だか「巨匠」を感じる風格のある演奏を披露され、最後に(一応スペインギターフェスタ主催のイベントということで)東氏と私が加わってトリオでファリャを2曲、アンコールにカルメンファンタジー(藤井敬吾氏編)を演奏しました。

Photo_2この3人でのトリオ、実は初めてでしたが楽しかったです。

次回はまた2月後半頃に企画したいと思っていますので、どうぞお楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

佐藤弘和さんとのお別れ

Photo12月15日の佐藤弘和ギター作品展についてこちらでご報告しないまま、何と1週間後に弘和さんが旅立ってしまいました・・・。

本日、告別式でお別れして参りましたが、未だに信じられない気持ちです。

弘和さんは3年半前に初期の食道癌が見付かって手術したものの1年後に再発、その後は肺、肝臓、脳まで転移し、入退院を繰り返されていました。

弘和さんとは私が留学後、GG学院講師になって知り合い、アルポリールという名の付く前のトリオに「ラ・クンパルシータ」を編曲して頂いたり、CD録音前に演奏を聴いて頂いたり。

Photo_4数年後にアルポリールで委嘱した「鳥の詩(うた)」は、故・菅原潤氏(「現代ギター」元編集長)の追悼コンサート直前に完成、初演させて頂きました。

そして、その後は全日本ギター協会(アマチュアギターコンクールを主催)でもお世話になりました。どんな曲にもお詳しい弘和さんの存在はとても大きかったものです。それまで私がやっていた2次予選の曲目解説も引き受けて頂いて、とても助かりました。

2014年の作品展@GGサロンコンサートでは、初めて「季節をめぐる12の歌」から4曲のソロを演奏しました。この時も、トリオでの「鳥の詩」はリハーサルを聴いてアドバイス頂きました。

Photo_5アマコン関係もあってご病気のこともご本人から伺っていましたが、発病からあっという間だった気がします・・・。

今回のコンサートには企画段階から弘和さんの「覚悟」を感じていましたが、本当にこのコンサートのために生きてきて、最後の力を振り絞って、合奏リハーサルを聴いてプレトークをされ、コンサートを全て聴き、最後にしっかり挨拶までされたのだと思います。
関係者全員が「奇跡」を感じていましたが、何より弘和さんの意思の強さだったのです。

最後の最後まで作曲をされていた弘和さん。これからもその作品を弾き続け、ギターで頑張ることで天国の弘和さんに喜んで頂きたい、と思いを新たにしました。

(*写真はリハーサルのものです)

以下、何事もなければアップするつもりだった文章をそのまま載せます。
/////////////////////////////////////////////////////////////

Photo_615日は超満員のお客様と弘和さんご本人の前で演奏できて、本当に幸せでした。
弘和さんのお加減次第では聴いて頂けないかも…と言われていたのですが、最後まで聴いて頂けてとても嬉しかったです。

アルポリールギタートリオも2年以上振りでしたが、集中して演奏できました。

他の作品たちも、弘和さんの優しさに溢れていてとても素敵でした!

 

Photo_7「鳥の詩」は是非出版して頂きたいですし、アルポリールで録音したいと思いました♪

最後に、ご来場頂いたお客様、スタッフの方々、共演者の皆様、そして弘和さん、本当にありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

12/15(木)佐藤弘和作品展

Hirokazusatoconcert直前になってしまいました・・・

明日の佐藤弘和作品展@国分寺市立いずみホールについての詳細告知をこちらでしていませんでしたが、チケットは先週既に完売となりました!
申し訳ありませんが、当日券は出ませんので、ご了承下さい。

18:40~佐藤弘和氏のプレトーク、
19時~演奏開始予定です。

私は久々にキム・ヨンテ氏、新井伴典氏とのアルポリール・ギタートリオで「鳥の詩(うた)」、そして全員合奏の「光の街」を演奏します。

Hirokazusatoconcertprofile

佐藤弘和氏ご本人が演奏予定だったソロは、原善伸氏に変更になりました。

明日は、私も弘和ワールドを楽しませて頂こうと思っています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | コンサート | スケジュール | 日記