« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月23日 (月)

「衛星を使い、私に」文庫化!

Photo

作家の兄・結城充考の代表作「プラ・バロック」シリーズの第3弾、「衛星を使い、私に」が文庫化されました!

「プラ・バロック」以前のクロハの活躍を描いた短編集です。
モデル&女優の杏さんが「プラ・バロック」シリーズを気に入って、帯のコメントも書いて下さってます!

「プラ・バロック」や「エコイック・メモリ」を読んで下さった方々、こちらも是非是非♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

ヴァイオリン&ギターの夕べ

Photo

10/14(月・祝)17時〜、東京都民教会にて スイス在住の赤木春次(シュンジ)氏とのコンサート「ヴァイオリンとギターの夕べ」に出演します♪

ソロもありデュオもあるのですが、珍しいのはヴァイオリンソロでバッハの無伴奏ソナタBWV1001のフーガを、そしてギターソロでBWV1000を演奏することです。

ギターファンの方はご存知だと思いますが、BWV1000はバッハ自身がBWV1001のフーガをリュート用にアレンジしたものです。
もとは同じ曲とは言え微妙に違って、BWV1000はより和声的に作られているのでギターに向いていて、私はBWV1000の方を愛奏しています。

と言っても、学生時代はかなり(留学前の渡欧記念コンサートも、音楽院の編入試験でも、中級音楽院の卒業試験でも、上級音楽院への入学試験でも!)弾きましたが、プロとして活動を始めてからステージに上げるのは初めてなのでした。

今回、久々に楽譜を引張り出してリュート版と改めて見比べたりして、この曲の魅力に改めてハマッています。数学的と言えるくらいに計算し尽くされたフーガの構造の上に成り立っている素晴らしい音楽!
音楽院時代、対位法3年(フーガ)の試験(モチーフだけ与えられて12時間缶詰!)に苦しんだことを思い出しました。

プログラムはチラシの通りですが、赤木氏が最初はバッハとパガニーニだけでコンサートをやりたいと思われたそうで、それにスペイン物が加わったような曲目になっています。

ご興味をお持ちの方は是非いらして下さい♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

アマコンレポート

毎年色々あって時間がかかってしまうレポートですが、今年は1週間で仕上げ、すぐに全日本ギター協会HPにアップして頂きました。

ご興味をお持ちの方は、是非ご一読下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »