« 桐朋短大 日本音楽・ギター合同卒業演奏会 | トップページ | これから。 »

2011年3月13日 (日)

大震災

金曜日の大地震。
私は出産前最後の村治教室レッスン日@新宿と重なってしまいました。

ちょうど生徒が来る直前で1人だったのと、ビルの9Fなのでものすごく揺れて怖かったです・・・。
室内にはとてもいられず、通路に飛び出したものの降りるに降りられず、逃げ場もなく。地上では車も止まり、車道は人で溢れ、叫ぶ人、しゃがみ込む人・・・。ビルだらけの新宿はまるでパニック映画のようでした。

揺れが収まって教室に戻ると、あらゆる物が倒れたり床に落ちたりしていました。幸い何も壊れていませんでしたが、物を拾っていて自分の手がブルブルと震えていることに気付き、「そんなに怖かったんだ・・・」と他人事のように思いました。

最初の生徒2人(兄弟)は車で来たので余震の中で教えましたが、その後はなかなか連絡が付かないまま、やはりほとんどの生徒が来られませんでした。夕方歩いてきた生徒がいたので結局3人だけ教えて19時過ぎに教室を出ると、どこもかしこも大渋滞。非常食を確保しようと入ったコンビニでも、大混雑の上にお菓子を含め食品はほとんど残っていませんでした。
教室でラジオは聞けたものの東北の津波のニュースばかりで自分が置かれている状況がよく分かっていませんでしたが、帰宅難民となっていたのです・・・。

池袋行きのバスは長蛇の列なのに渋谷発ということもあって1台に数人ずつしか乗れず、あきらめて歩き始める人がほとんどでした。大きなお腹で何時間も待ってすし詰めのバスに乗るか、思い切って歩くか、迷っていたところに早稲田行きのバスが来て、それほど混んでいなかったのでとりあえず飛び乗りました。トロトロ運転で馬場付近まで行き、そこから歩いて池袋に着いたのが23時。終バスにギリギリで間に合って、23時半過ぎに何とか家に辿り着きました。。。

いつもなら地下鉄1本で徒歩も含めて30分程度の道のりに4H以上かかりましたが、金曜のうちに帰宅できて良かったです。身軽なら新宿から歩いた方が早かったはずですが・・・。

マタニティマークを付けていても、お腹が目立つようになっても、電車の中などで席を譲ってもらえたことは今までに一度しかありませんでしたが、この日は周りの方に気遣って頂けました。
最初のバスではしばらく立っていたらシルバーシートの老婦人が席を譲ってくれようとしたのですがさすがに遠慮して、でもこの方がわりと早く降りたので周りも勧めてくれて座ることができました。
妊婦はお腹が重いだけでなく、子宮に優先的に血液がいくため足の血流が悪くなる上、重心が後ろにいくのでふくらはぎがつりやすく、バス待ち時間もあって既に足がパンパンに張っていたので本当に助かりました。。。

この日はバス待ちの列でもバスの中でも、知らない人同士が情報交換をしたり交通経路を教え合ったりしていて、何だかスペインを思い出しました。非常事態で頼りになるのはやはりネットでも携帯でもなく、人とのコミュニケーションや思いやりなのですね。

家に帰って初めてニュースを見て、日本中が本当に大変なことになっている事を知って改めて驚きました。世界でも大ニュースになっているらしく、スペイン他の友人知人たちからメールが入っていました。

最後になりましたが、被災地の方々にお見舞いを申し上げると共に、1日も早い復興をお祈りいたします。
しばらくは大きな余震が起こる可能性が高いとのことですので、皆様くれぐれもお気を付けて下さい。

|

« 桐朋短大 日本音楽・ギター合同卒業演奏会 | トップページ | これから。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191316/51108784

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災:

« 桐朋短大 日本音楽・ギター合同卒業演奏会 | トップページ | これから。 »