« 5/18(金)GGサロンコンサート | トップページ | 「ソプラノとギターによる爽やかな5月の夕べ」 »

2007年5月23日 (水)

オペラ週間

あくまで私にとってのお話ですが・・・今週はオペラ漬けです。
月、火とリハーサルがあり、明日水曜はオープンリハーサル(本番とまったく同じ形のゲネプロ)、木曜だけ中休み(私は短大勤務)、金土が本番。

先週からみなとみらいの大ホールに入っているのですが、だんだん舞台が出来上がってライトが付いて、私も少しずつオペラの世界に染まっています。そういえば最初はギター弾きとして舞台に乗るというお話だったのが、結局オケの中に入ることになりました。単にホールの連絡係の方がそう思い込んでいただけで(そういうバージョンもあります)、監督や演出の方は最初からオケピットで考えていたようです。ストーリー的にも、伯爵が窓の下でロジーナに歌う恋の歌・・・なので私が舞台に乗るなら男装(!)しなければならず、また「オテロ」の経験からクラシックギターをストラップで吊って弾くのは大変ツライ(重くて不安定)・・・ということも分かっていたので良かったのですが、残念ながら私が一度入ってみたい!と思っていたオケピットというものがこのホールにはないので、客席の一番前を潰してオケが占めています。

心配なのは、何故かギターが生音になってしまったこと。マイクが置いてあったので安心していたら、舞台に流しているだけで客席には入っていないのだそうで・・・「生音では無理です」と主張したのですが、「今のバランスで十分聴こえてます」と言われてしまいました。音楽的にもバリバリ弾くタイプの曲ではないので、PAで楽に弾きたかったのですが・・・。こうなったら仕方ないので少しでも遠くに届くように頑張りたいと思います。

それにしても、こういう世界を覗けるというのはとても貴重な体験で、毎回違った感動があります。「オテロ」の時はリハが1回だけだったので完成した舞台を見た時の感激などはありませんでしたし・・・。存分に楽しんで参ります♪

|

« 5/18(金)GGサロンコンサート | トップページ | 「ソプラノとギターによる爽やかな5月の夕べ」 »

コメント

坪川様であれば、普通に弾けば(大ホールだからと気張らなくても)ちゃんと美しく聞こえます。ちゃんと聞こえるように書かれている曲です。

投稿: php | 2007年5月28日 (月) 17時35分

phpさん、ありがとうございます。
おかげさまで無事終わりました。結局(舞台上のフィガロが弾いているという設定でもあったので)PAを舞台側から薄く入れてくれたので楽に弾けました!

投稿: 作者 | 2007年5月29日 (火) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191316/15170235

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ週間:

» [new][リンク][ブログ][ギター]坪川真理子の日記 [越後屋つれづれ日記(クラシックギターブログのポータルサイト&与太話from千葉)]
右サイドバーのリンク(ギター関連ブログ・「プロ・さ行〜わ行」)に追加、「坪川真理子の日記」(スペインギターの世界)。 「才色兼備」とはこの人のことか。 [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 06時09分

« 5/18(金)GGサロンコンサート | トップページ | 「ソプラノとギターによる爽やかな5月の夕べ」 »