« 佐藤紀雄ギター独演会@公園通りクラシックス | トップページ | ソプラノとギター »

2007年5月12日 (土)

「ハーモニカとギターの夕べ」

今日(金曜日)は来週18日(金)の竹内直子さんとのGGサロンコンサートの第2回リハでした。月刊「現代ギター」5月号の濱田滋郎対談にも登場した竹内さんは、ハーモニカ界のホープです。
2640予定プログラムは、
〈坪川ソロ〉 練習曲イ短調、ロンデーニャ(R.S.デ・ラ・マーサ)
〈竹内ソロ〉 マラゲーニャ(レクオーナ)
〈デュオ〉 ソナタへ長調(ヘンデル)、ジュ・トュ・ヴ(サティ〜坪川編)、アマジア(ブートロ)、間奏曲(イベール)、中世風小組曲(ドゥミャック)、亡き王女のためのパヴァ−ヌ(ラヴェル〜ラゴスニック編)、「7つの肖像」より〈舟歌〜メンデルスゾーンの肖像、ノベレッテ〜シューマンの肖像、シシリエンヌ〜フォーレの肖像〉(二橋潤一)、「ブラジル風バッハ第5番」よりアリア(ヴィラ=ロボス〜坪川編)
という感じで、デュオはサティ、ブートロ、イベール以外は新曲です。
ギターソロはエル・ビートも予定に入れていたのですが、(私の計算違いで)デュオを増やしたこともあって今回はカットしようかと思っています。

ハーモニカファンの方には勿論、「プロのハーモニカは聴いたことがない」という方に特に聴いて頂きたいコンサートです。ハーモニカとギターはとても合いますし、竹内さんのオハコ、マラゲーニャ(ハーモニカソロ)は必聴です!是非お運び下さい♪

今日は午前中からお昼過ぎまで合わせて急いで昼食を取り、村治教室に向かいました。相変わらずハードな毎日ですが頑張ります・・・

|

« 佐藤紀雄ギター独演会@公園通りクラシックス | トップページ | ソプラノとギター »

コメント

ギター文化館の行事でご活躍されているのを拝見いたしました。9月に茨城県のひたちなか市で竹内さんとの演奏会があると聞きました。場所や内容を教えて頂ければ幸いです。

投稿: acousticlife | 2007年5月14日 (月) 00時45分

acousticlifeさま
コメントありがとうございます!
私も詳細を知らなかったので早速問い合わせたところ、

9月29日(土)午後3時ぐらいからの予定
ひたちなか市ふるさと懐古館(市の文化財施設・・土蔵造りで展示物あり)
ハーモニカ&ギターミニコンサート(45分程度)
50人程度(市報により限定募集)

とのことです。限定募集というのが気になりますが・・・よろしければ是非いらして下さい!

投稿: 作者 | 2007年5月15日 (火) 00時41分

追伸:
お問い合わせは、ひたちなか市文化会館(電話029-275-1122)へお願いしたいとのことです。

投稿: 作者 | 2007年5月16日 (水) 00時28分

 問合せ先などを教えていただきありがとうございます。問い合わせましたところ、8月の市報で募集を行うとのことでした。とても面白そうな曲目で楽しみです。
 以前、奇聞屋?というところで竹内さん(こっちは竹内永和さん)とのDuoを聴きに行きました。ギターはいわゆる音楽ホールではなくて、身近なところで楽しめるというのも魅力ですね。ひたちなか市でギターを楽しむ場所として「ふるさと懐古館」をもってきたところも良いですね。近くにいますがまだ行ったことがない施設です。ギターとハーモニカの組み合わせも楽しみです。

投稿: acousticlife | 2007年5月19日 (土) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191316/15037806

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハーモニカとギターの夕べ」:

» トレモロクロマチックハーモニカ [クロマチックハーモニカ/鍵盤ハーモニカ]
牛革ケース付トレモロクロマチックハーモニカsuzuki SCT-128滑らかな吹き口とスムーズな動きのレバー、なだらかな曲線を描く美しいフォルム、そしてダブルリードが醸し出す音色。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 21時54分

« 佐藤紀雄ギター独演会@公園通りクラシックス | トップページ | ソプラノとギター »